自動車個人売買の心得

個人売買は、簡単に出来ますが、意外な落とし穴、人間関係のトラブルもありますので、十分ご注意いただきたいと存じます。

売る側
ディーラーに売るよりも多少高く売れるかもしれませんが、自分で所有している間、調子が良くても、オーナーが変わった途端に、大きな故障が発生し、廃車になってしまったという例もあります。これでは売った側も後々まで気分がよいのではありません。そういう点では多少安くともディーラーに買い取ってもらう方が安心ではありますが、少しでも高く売りたいというのも本心だと思います。よくご検討の上売却先を選んでください。

買う側
何10万円もする車を、何の保証も無しに購入するということが、いかに危険であるか事前によく理解した上で購入すべきです。多少高くともディーラーから買っていれば、新車で2〜3年、中古でも3〜12ヶ月程度の保証が付きます。保証は大きな故障による出費から身を守る保険のようなものです。気心の知れた人から買ったから大丈夫というわけではありません。車が不調になればお互い何となくいやな思いをすることになります。ディーラーより安く買える分、リスクもあることを、予め心に留めておくべきだと思います。

 

個人売買が決まったら。

売買が成立したら、売り手は車と代金の受け渡し方法を買い手と取り決めて下さい。通常、手付金と引き換えに必要書類を買い手に渡し、郵便局で名義変更後、名義抹消証明と残りの代金と引き換えに、車を引き渡すのがよい方法かと存じます。

手付金
手付金は無くても結構ですが、念のため50EURでも結構ですし、車両の10%、50%等ご自由に設定して下さい。(特に日本人以外に売る場合は必ず手付金をもらったほうがよいでしょう)

名義変更の仕方
郵便局で行いますが、売主と買主と一緒に行く必要はありません。
書類さえ渡せば、買主だけで名義変更できます。
*もし買主がオランダの免許を持っていない場合、住民票とパスポートで名義変更できますが、郵便局ではできず、最寄の陸運局(RDW)で行います。

        名義変更の手順はここをクリック

 

最終引き渡し
買い手は、Vrijwaringsbewijs(名義抹消証明)と残りの代金を持って売り手に会い、車と鍵を受け取ります。これで売買完了です。
売り手は、Vrijwaringsbewijs(名義抹消証明)のコピーを保険会社に送り、保険の解約の手続をします。

以 上

あとあとの事を考えて個人売買はしたくないという方。個人売買で買い手が見つからなかったり、どんな古い車でもディ−ズが買い取ります。 ディ−ズ・インターナショナル

ディーズの詳細はここをクリック

土井剛史 doi@xs4all.nl